映画『ペーパー・ムーン』で有名な曲。

もとは舞台劇『ザ・グレート・マグー』に使われた曲で、そのときのタイトルは「If You Believed in Me」ナット・キング・コールやミルス・ブラザーズのレコードがヒット。

その時代をイメージさせる曲ということで、映画でも背景として使われている。

個人がカメラを所有することがまだ一般的でなかった時代、「ペーパームーン」を背景に記念写真を撮るという行為は、人生の幸福な時を記録する意味があった。

 

 

【英語歌詞】

Say, its only a paper moon
Sailing over a cardboard sea
But it wouldn’t be make-believe
If you believed in me
Yes, it’s only a canvas sky
Hanging over a muslin tree
But it wouldn’t be make-believe
If you believed in me


Without your love
It’s a honky-tonk parade
Without your love
It’s a melody played in a penny arcade


It's a Barnum and Bailey world
Just as phony as it can be,
But it wouldn't be make believe
If you believed in me

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

そう、それはただの紙の月

厚紙の海を帆走してゆく
でも、それは作りものでなくなるんだ

君が僕を信じてくれれば

そう、ただのキャンバス地の空

モスリンの木の上に広げただけの

でも、それは作りものでなくなるんだ

君が僕を信じてくれれば

 

君の愛がなかったら、

それは安酒場でのドンチャン騒ぎ

君の愛がなかったら、

安いゲームセンターに流れるメロディ

 

道化師バーナムとベイリー(サーカス)の世界

どれも全部、ただの作りもの。

でも、それは作りものでなくなるんだ

君が僕を信じてくれれば

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

元々1931年の「Everybody‘s Welcome」というブロードウェイのショーのためにハーマン・ハプフェルドが作詞作曲。

1942年イングリット・バーグマンとハンフリー・ボガート主演「カサブランカ」という映画の中でピアニストのSam(ドゥーリー・ウィルソン)が歌い、その年に有名に。

ここ100年間でのアメリカ映画の中でのトップ100を選ぶ「AFI's 100 Years…100 Songs」においてOver the Rainbowに続いて第2位。

 

 

 

【英語歌詞】

You must remember this

A kiss is still a kiss

a sigh is just a sigh

The fundamental things apply

As time goes by

 

And when two lovers woo

They still say, "I love you"

On that you can rely

No matter what the future brings

As time goes by

 

Moonlight and love songs

Never out of date

Hearts full of passion

Jealousy and hate

Woman needs man

And man must have his mate

That no one can deny

 

It's still the same old story

A fight for love and glory

A case of do or die 

The world will always welcome lovers

As time goes by

 

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

これだけは心に留めていて欲しい

キスはキスすることであり、

ため息はため息をつくこと

恋の基本はどの時代でもあてはまる

いくら時が流れようとも

 

恋人たちが恋をすると

やはり「愛してる」とささやく

だから信頼することができる

この先どんな未来が訪れようとも

いくら時が流れようとも

 

月の光とラブソング

すたれることなどない

人々はいつでも情熱と嫉妬と憎しみで

心は満ちている

女は男を求め

男は女を求める

誰も否定することの出来ない永遠の真理

 

それが昔から続く変わらぬ物語
栄光と愛への戦い

生きるか死ぬかのせめぎあい  

恋する者たちを世界は優しく受け入れる

いくら時が流れようとも

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

1965(昭和40)年に公開された、エリザベス・テイラー&リチャード・バートン主演のアメリカ映画『The Sandpiper(いそしぎ)』 の主題歌。

映画は今ひとつパッとしなかったものの曲は好評を得て、同年のアカデミー主題歌賞を受賞。

作曲はジョニー・マンデル、作詞はポール・フランシス・ウェブスター。

映画『いそしぎ』では、ジャック・シェルドン のトランペット・ソロで演奏され、後にトニー・ベネットの歌でヒットした。

ボサノヴァ化したアストラッドもグラミー賞を受賞している。

「いそしぎ」とは 「磯シギ」 という、つがいを作らず単体で旅立つ渡り鳥。

 

 

【英語歌詞】

The shadow of your smile
When you are gone
Will color all my dreams
And light the dawn
Look into my eyes  my love  and see
All the lovely things,
you are, to me

Our wistful little star
Was far too high
A teardrop kissed your lips
And so did I
Now when I remember spring
All the joy that love can bring
I will be remembering
The shadow of your smile

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

あなたが去ってしまった時の

あなたの微笑の面影が
私の夢に彩を添え
夜明けに輝きをもたらしてくれる
私の瞳の中の愛を見て、そして気づいて

私にはあなただけが

全てなのだと

 

私たちの深い思いをこめた小さな星は
はるか空のかなた
一粒の涙の雫があなたの唇にふれたとき
私もあなたにそっと触れてみた
今 春の日を思い起こせば
愛がもたらす喜びを感じ
あなたの微笑の面影を
いつまでも憶えているでしょう

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

1939年のミュージカル映画『オズの魔法使い』主人公の少女ドロシー(ジュディ・ガーランド)が、知らない世界への憧れを歌った主題歌・テーマ曲。

作詞作曲は、アメリカ人作曲家ハロルド・アーレンと作詞家E.Y.ハーバーグのコンビ。

2001年に全米レコード協会(RIAA)が発表した「20世紀の歌」365曲のうち、堂々の1位を獲得した名曲中の名曲

 

 

【英語歌詞】

Somewhere over the rainbow way up high
There’s  a land that I heard of once in a lullaby

 

Somewhere over the rainbow skies are blue
And the dreams that you dare to dream  really do come true 

 

Someday I‘ll wish upon a star 
and wake up where the clouds are far behind me
Where troubles melt like lemon drops

away above the chimney tops
that's where you'll find me
 
Somewhere over the rainbow bluebirds fly
Birds fly over the rainbow Why then, oh why can't I?
If happy little blue birds fly
beyond the raibow why oh why, can’t I?

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

どこか、あの虹の向こうの空高く
(夢の)国があるって子守唄で聞いたの

 

どこか、あの虹の向こうの空たちは青く
信じた夢はみんな現実になる

 

いつか星に願うの

目覚めると雲をはるかに見下ろすような場所に居て
悩みなんかレモンの雫のように
屋根の上へ溶け落ちていく
そんな場所に私は行くの

 

どこか、あの虹の向こうへ青い鳥は飛ぶ
虹を超える鳥達
私だって、そう、私だって飛んで行けるはず
しあわせの青い小鳥たちが
虹をこえて飛べるのなら 
わたしだって、きっと、きっと・・・

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

ウオルト・ディズニーが1940年に発表した長編アニメ映画「ピノキオ」の主題歌。ジミニー(コオロギ)を演じたクリフ・エドワーズが歌い、アカデミー賞の歌曲賞を獲得。

作詞はネッド・ワシントン、作曲はディズニー・プロの音楽スタッフ、リー・ハーライン。

 

【英語歌詞】

When you wish upon a star
makes no diff'rence  who you are
anything your heart desires will come to you
If your heart is in your dreams
no request is too extreme
When you wish upon a star 
as dreamers do

Fate is kind
she brings to those who love
The sweet fulfillment  of their secret longing
Like a bolt out of the blue
fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
your dream comes true

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

星に願いをかければ
君がどんな人であれ
君が望む、どんなことでも
叶えてくれる

もし夢に心を込めれば
どんなリクエストだって大きすぎるってことはないよ
星に願いをかける
夢追い人たちのように

 

運命(の女神)は優しい
誰かを愛する人の願いをかなえるでしょう
密かに望む甘い願いを


突然の稲妻(青天の霹靂)のように
運命が踏み込んで思いを見届けてくれる
星に願いを込めた時
夢が叶うよ

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

映画『ティファニーで朝食を』(1961年)でオードリーヘップバーンがギターを弾きながら歌い、

同年この曲はアカデミー賞とグラミー賞を受賞。

ヘンリー・マンシーニがオードリーをイメージしながら20分ほどで作曲。

後にジョニー・マーサーが詞をつけました。

 

【英語歌詞】

Moon river, wider than a mile

I'm crossing you in style someday

Oh, dream maker

You heartbreaker

Where ever you're going I'm going your way

Two drifters off to see the world

There's such a lot of world to see

We're after the same rainbow's end

Waiting round the bend

My huckleberry friend

Moon river and me

 

【日本語訳】

月の映る川よ 1マイルよりも豊かに広がりゆく
いつの日か私は この誇りを胸に渡って行く
古き良き夢人よ 
あなたは私の心を砕いてしまう
どこへあなたが行こうとも、私はあなたの道を行くわ
二人の漂流者は世界を見るため旅立つの
見るべき沢山の世界があるはず
同じ虹の終わりを追いかけ
待ち、 そして年老いてゆく
私のハックルベリー、幼馴染のあなた
月の映える川、そして私

(訳:ニキ)

 

【フリガナ付き英語歌詞付き楽譜】

映画「ティファニーで朝食を」の中でオードリーヘップバーンがギターを弾きながら歌う「Moon  River」

同じキー(F)のメロディー&コード、英語歌詞にはフリガナもついている楽譜です

 

 

↓ のYoutubeと一緒に歌って、オードリーになりきりましょう♪

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

1

index

Profile

Search

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM