1939年に「The Rice Brothes Gang」らによってレコーディングされる。

1940年公開の映画「Take Me Back to Oklahoma」の挿入歌として使用されジミー・デイビスとチャールズ・ミッチェルが歌う。

曲調の明るさが受けて戦後の荒廃した日本でも広く親しまれ、歌われた。

ジミー・デイビスは後にルイジアナ州知事となり、現在州歌にもなっている。

1962年にはレイ・チャールズによるカバーが大ヒット。

日本では以前よく結婚式等で歌われていたが、実際は失恋の曲。

 

 

【英語歌詞】

The other night dear

as I lay sleepin'
I dreamed, I held you in my arms
When I awoke dear

I was mistaken
And I hung my head and cried

You are my sunshine

my only sunshine
You make me happy

when skies are grey
You'll never know dear

how much I love you
Please don't take my sunshine away

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

ねえ この前の夜 
僕が寝ている時
夢を見たんだ 君を抱きしめている夢
でも目覚めたとき
間違いだったとわかって
僕は頭を抱えて泣いてしまった

 

君は僕の太陽だよ
たった1つの 僕の太陽
僕を幸せにしてくれる 
空が曇っていても
君にはわからないかも
僕がどれほど君を愛しているか
どうか 僕の太陽を 奪ったりしないで 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

Comment





   

index

Profile

Search

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM