1931年作詞セイモア・シモンズ、作曲ジェラルド・マークス

スタンダードジャズとして特に日本人に愛された曲。

最初にリリースしたのはベル・ベイカー、その後ビリー・ホリディとルイ・アームストロングが歌って、それぞれ大ヒットさせた。

人気女優ジョーン・ベネットが主演した映画『ケアレス・レディー(Careless Lady)』で使われた。

 

 

【英語歌詞】

All of me why not take all of me

Can't you see

I'm no good without you

Take my lips I want to lose them

Take my arms I'll never use them

 

Your goodbye

left me with eyes that cry

How can I go on dear without you

You took the part

that once was my heart

So why not take all of me

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

どうして私の全部持っていってくれないの?

あなたがいないとダメだってことが

分からないの?

唇を持って行って、私はそれを失いたいの

両腕を持って行って、私はもう使わないから

 

あなたのさよならは

泣くしかない瞳を私に残しただけ

あなたなしで どうやっていけばいいの

あなたは私の心の部分を

持っていったのよ

だったらなぜ私の全てを持っていって

くれないの

 

【フリガナ付き英語歌詞付き楽譜】

メロディー&コード、英語歌詞にはフリガナもついている楽譜です

 

楽譜のご購入はコチラ(500円)

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

Comment





   

index

Profile

Search

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM