1927年ホーギー・カーマイケルが、当初は上記の歌詞はなく、1929年にミッチェル・パリッシュが歌詞を後付けした。

1931年にはビング・クロスビーが発表

“Stardust”  「星屑」、「いん石のかけら」 といった意味の他に、「うっとりする魅力」 とか「夢みるような気持ち」 との意味もある

 

 

【英語歌詞】

And now the purple dusk of twilight time

Steals across the meadows of my heart

High up in the sky the little stars climb

Always reminding me that we're apart

 

You wander down the lane and far away

Leaving me a song that will not die

Love is now the stardust of yesterday

The music of the years gone by.

 

Sometimes  I wonder, why I spend

the lonely nights

dreaming of a song

The melody  haunts my reverie

and  I am once again with you

When our love was new

and each kiss an inspiration

But that was long ago

now my consolation is

in the stardust of a song

 

Beside a garden wall,

when stars are bright you are in my arms
The nightingale tells his fairytale
of paradise, where roses grew
Though I dream in vain
in my heart it will remain
My stardust melody
the memory of love's refrain

 

 

【日本語訳】(訳:ニキ)

そして今、紫に染まる黄昏が

この胸に広がる草原を覆う

空の頂に、小さな星が昇ると

君と別れたことを、いつも思い出す

 

君は小路を彷徨い、遠くに去ってしまった

朽ちることのない歌を残して

愛は今や過ぎし日の星屑

もう過去となった年月の調べ

 

時折考えるんだ 

独りで夜を過ごしていると

ある歌が心に浮かぶのは、なぜだろうって

あのメロディーが絶えず僕に幻想を抱かせ

そしてもう一度、君と一緒にいられる
愛が芽生えたばかりの頃

どの口づけもきらめきに満ちていた
でも、それは遠い昔のこと

もう僕を慰めてくれるものは

星屑のような歌の中にしかない

 

庭の壁際で、星たちが瞬く頃

君は、この腕の中にいてくれる

美しい声の鳥が語るのはおとぎ話

薔薇の花萌える あの楽園の物語

この夢はとても虚しいけれど

でも、いつまでも心に残るだろう

星屑の調べが

繰り返される、あの愛の記憶が

 

 

 

 

JUGEMテーマ:洋楽歌詞・和訳

Comment





   

index

Profile

Search

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM